子どもが大人用シャンプーを使ってもいいのは何歳から?

「子どものシャンプーと大人のシャンプーを分けて購入するのは面倒」
「お風呂場をスッキリさせたい」
「大人用の質の高いシャンプーを子どもにも使いたい」
「子ども用シャンプーでは頭皮の臭いがすっきりしなくなった」

など、いろいろな理由から子供に大人用のシャンプーを使ってみたいと思っているママもいるのではないでしょうか。
そこで大人用シャンプーを使用するタイミングやきっかけについて解説していきたいと思います。

アミノ酸シャンプーなら幼児が使っても問題は無い

アミノ酸シャンプーの場合、界面活性剤は合成の成分ではなく、天然成分由来のものを使用しています。
添加物もほとんど無添加にこだわっているので、大人用のアミノ酸シャンプーは幼児でも使用できます。

ただし、使用する際に、大人より使用量を減らすようにしましょう。

切り替えるタイミングとして多いのは小学生頃

アミノ酸シャンプーなら幼児でもOKですが、切り替えタイミングは小学生頃がベストではないかと思います。

例え安全な成分や、頭皮に良い成分でできているアミノ酸シャンプーであっても、乳幼児にはまだ刺激が強い可能性があります。
成分によっては含有率などが子どもにとっては高い場合も多く、刺激を与えてしまうこともあります。

そのため、やはりある程度皮膚の成長が安定し汚れも激しくなる小学生頃を、子ども用のシャンプーからの切り替え時期と考えるようにしましょう。

小学校に上がると子どもも、「子どもからお姉ちゃん、お兄ちゃんになるんだ」という意識も芽生える時期です。
この時期こそ大人と同じものを使用するということは教育的にもおおいに意味があり、シャンプーを大人用のものを使用させることはおすすめです。

大人用シャンプーに切り替えるきっかけ

シャンプーする男の子

頭皮や髪の臭いが気になる

子どももだんだん大きくなってくると、汚れの種類も変わってきます。
子ども用シャンプーを使用しているとだんだん汗の量も増え、頭皮や髪の臭いも気になってきます。

そうなったタイミングこそ、そろそろ大人用のシャンプーの切り替えどきと考えてもいいのではないでしょうか。

子どもがパパやママと同じものを使いたがる

子どもはだんだん成長していくと、大人と同じことをしたがるようになります。
そのため、ママやパパの使用しているシャンプーを使いたがるようになったりすることも。

そうなってきたら、子ども用を使用させるより、大人と同じものを使わせる方が教育のためにも良い場合もあります。

ただ注意したいことは、大人用のシャンプーには合成界面活性剤を始め添加物の多いものがたくさんあるので、子どもと一緒にする場合はその辺を注意することが大切です。

また、男性の薄毛予防シャンプーには、子どもや女性には使用しない方がいい成分が使われているものもありますので、それらは子どもの手の届かないところに置いておきましょう。

大人用シャンプーを使う上での注意点

シャンプー

洗浄成分に気を付ける

やはりシャンプーの場合洗浄成分である界面活性剤に注意しなければなりません。
天然界面活性剤は天然由来の成分ですが、合成界面活性剤は化学物質由来なので、大人でも薄毛や皮脂分泌異常、アレルギーなどを起こす原因になるとも言われています。

その上、含有率も大人の方が多いので、洗浄成分には注意しなければなりません。
合成界面活性剤使用の大人用シャンプーは絶対に避けるようにしましょう。

ベビーシャンプーやベビーソープもオーガニックを使うべきか

2018.03.24

なるべく無添加なものを使う

子どもに大人用のシャンプーを使用させるのであれば、アミノ酸シャンプーがおすすめとお伝えしていますが、アミノ酸シャンプーでも完全無添加のものばかりではありません。

できれば子どもと一緒に使用する場合は、添加物はできるだけ含有していない方がおすすめです。

合成界面活性剤は当然ですが、他にも合成着色料、合成香料、保存剤など、どれも天然由来のものを使用したものを選ぶようにしたいものです。

ベビーシャンプーおすすめ5選!オーガニックだから乳幼児の頭皮でも安心!

2018.07.19

すすぎはしっかりさせる

どんなに質の良いアミノ酸シャンプーでも、シャンプーが残ってしまうと、いろいろな肌トラブルの原因となります。
そのため、しつこいぐらいしっかりシャワーをかけてすすぐことが大切です。

どうしても子どもは自分でシャンプーをしたがりますが、すすぎは自分でやると甘くなってしまうので、必ずママやパパは最後にしっかりすすぎ直しをすることも大切です。

石鹸やソープが赤ちゃんに合っていない場合は乳児湿疹になる

2018.03.20

子ども大人関係なくシャンプーが合うかは個人差がある

シャンプー選びの基本はアミノ酸系シャンプーであり、無添加であることがおすすめですが、どんなシャンプーであっても相性には個人差があります。

子どもだとしても、大人だとしても相性が良くない場合は肌トラブルが起きてしまうものです。

家族で使用する場合、家族の誰かが相性が良くないと思ったら、次回購入するときには替えてみましょう。
アミノ酸系シャンプーは現在とても多くの種類が出ているので、何回か替えていくうちに、とても良いシャンプーに出会うこともできるはずです。

やはりどんなに良いものだという説明があっても、実際に使用してみることがとても大切なので、とにかく質の良いアミノ酸シャンプーを使用してみましょう。

ドラッグストアなどでも購入できますが、品質的にはインターネットで販売しているシャンプーの方が高い場合が多いです。