赤ちゃんの正しい洗顔方法やおすすめの洗顔料について

赤ちゃんの洗顔法には注意することが幾つかあります。
特に新米ママやパパは不安に感じてしまうことも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなため、洗顔を怠ってしまうと脂漏性湿疹を起こしてしまう可能性があります。

赤ちゃんのぷるぷるお肌を保つための、正しい洗顔方法について解説します。

赤ちゃんの正しい洗顔方法

泡タイプのベビーソープを用意

泡

赤ちゃんの皮膚の厚さは大人の3分の1以下と、とてもデリケートです。
そのため、優しく洗ってあげなければ逆に肌はガサガサ、肌あれの原因になってしまいます。

このようなことにならないためにも、できるだけ洗顔は擦らずに洗うことのできる、泡タイプのベビーソープを使用しましょう。

おでこ、ほっぺなどに泡をつけてくるくる洗う

まず、おでこやほっぺなど面積の大きいところに泡を付けて、優しくくるくるしながら洗い、顔全体に泡を広げていきます。

擦らなくても汚れが浮いてくるので優しく指でくるくるし、絶対に強く擦らないことがポイントです。

また、おでこやほっぺを洗うときには目が近いので、目に入らないように注意して洗ってあげることが大切です。

Tゾーンは皮脂が特に多いのでしっかり洗おう

赤ちゃんの顔は大人と比べてあんなに小さいのに、産まれたときから毛穴の数は大人と同じです。
そのため、汗や皮脂など小さな毛穴に詰まりやすくなります。

そして、赤ちゃんも大人と同じように、Tゾーンは皮脂が多い部分です。
おでこと鼻筋ライン付近をTゾーンと呼びますが、この部分は特にしっかり洗顔することが必要です。もちろんしっかりと言っても擦ることは厳禁。

洗い残しのないように、しっかり洗うようにしましょう。
ただし、Tゾーン付近は、目、鼻、口にソープの泡などが入りやすい部分なので、注意をしてあげることも大切です。

濯ぎは弱めのシャワーで頭からかけてあげても大丈夫

どんなに質の高いナチュラル成分でできているベビーソープであっても、洗浄力があるということは濯ぎも不可欠だということになります。

洗浄成分が残ってしまうと乾燥肌や吹き出物、ニキビなどの肌トラブルの原因にもなってしまうので、しっかり濯ぐことが大切です。
でも赤ちゃんの顔に強いシャワーを当ててしまうのは危険です。

そこで水圧を弱くしたシャワーをママの手に1度当てながら、赤ちゃんの顔に当てるようにしましょう。

なかなかうまくできないという場合は、頭から弱めのシャワーを掛けてあげてもOKです。
直接顔に当たらないので逆に安全です。

ただし、頭から流れたお湯が洗顔料を流すので、しっかり濯ぐように心掛けることも必要です。

耳や鼻に入らないように注意

赤ちゃんの耳に入るとトラブルの原因にもなるので、シャワーを耳に向けて掛けるようなことはせず、できるだけ耳に入らないように注意をしてあげることは大切です。
また、鼻にも入らないようにしましょう。

鼻に入ると大人でもツーンとしたり、息ができなくなってしまうこともあるので、しっかり意識して洗顔をしてあげます。

心配な人はカーゼでしっかり拭き取ってあげる

赤ちゃんの洗顔をする時には、目や鼻、耳などに極力洗顔料や濯ぎのお湯が入らないように注意してあげることが大切ですが、洗顔中に水分が入ることもないとは限りません。
そこで、ガーゼを持っておき、拭いてあげるようにしましょう。

洗顔の途中でもガーゼを片手で絞って、サッと気になるところを拭くこともできます。
また、洗顔が終わったらすぐに、ガーゼで拭いてあげれば、余分な水分が洗顔の直後に目、鼻、耳に入ることがありません。

特に耳は入口の辺りに水分がついている場合があるので、入口の辺りもサッと拭いてあげましょう。

洗顔を怠ると脂漏性湿疹の原因になる

脂漏性湿疹の原因は研究者の中でも、すべて解明されているわけではありません。
しかし、ホルモンのバランスの影響によって起こる皮脂過剰が、一番の原因と考えられています。
皮脂過剰にともなって衛生面の問題なども当然要因となってしまい、毎日の洗顔こそとても重要な予防となるのです。

ササッと入浴をするだけで洗顔を怠っていると、脂漏性湿疹を引き起こしてしまうことにもなりかねません。
そのため、一日一回の洗顔は、しっかり行うようにしましょう。

ただし、何回も洗顔をすれば良いというものではなく、肌への負担も考えて一日一回が良いとされています。

舐めてしまっても平気な天然由来のベビーソープを使おう

シャンプー

洗顔ではもちろん目、鼻、耳、口などには極力入らないようにしていきます。
しかし洗顔中に絶対に入らないとは言い切れません。

特に刺激の少ないもので、もし舐めてしまっても安全であるものを選ぶことが大切です。
そのため合成界面活性剤などの化学物質が成分に含有していないものを選びたいものです。

そこで天然由来成分のベビーソープを選びましょう。
注意することは、「天然由来成分配合」ではなく「天然由来成分○○%」を選びます。
天然由来成分配合という場合は、“天然由来成分も入っています”という意味になるため、しっかりと“○○%以上配合”という記載のものを選んでください。

ぬくもり泡シャンプーは肌に優しいベビーソープ!使い方や効果などを紹介!

2018.05.11

洗顔の後は保湿剤を使って保湿してあげる

どんなに良い洗顔料を使用し、正しい洗顔方法で行ったとしても、肌の水分補給はとても重要です。

そのため、洗顔後にはベビーローションなどの保湿剤を使用することも忘れないようにしましょう。

乳児湿疹にはベビーローションで保湿がおすすめ

2018.03.28