産後の抜け毛が酷い時にヘアカラーや白髪染めはできる?

産後の抜け毛が気になっているときでも、やっぱりヘアカラーは気になります。
いつものようにきれいなカラーに染めたいと思っているママもいることでしょう。

しかし、このような抜け毛が酷い状態でヘアカラーや白髪染めはできるのでしょうか。
ここでは出産後のヘアカラーについて解説しています。

基本的にはヘアカラーや白髪染めをしても問題は無い

特に産後の抜け毛はホルモンバランスの乱れによる原因が大きいため、基本的にはヘアカラーや白髪染めは問題ありません。

ただし、ホルモンバランスの乱れから、頭皮などもデリケートになっていたり、頭皮が荒れている場合もあるため、ヘアカラーや白髪染めによってトラブルが起きるリスクは正常のときよりは高くなると言えるでしょう。

また、免疫力が低下していることも考えられ、それによって思わないような事故が起こることもないとは言い切れません。
しかし、産後の抜け毛が酷いときだからといって、特に事故の件数が多いというデータはないようです。

そのため、この時期の使用は自己責任ということになりますが、基本的には大きな問題はないと言われています。

母乳に影響するという噂は医学的に根拠があるわけではないが…

出産して授乳中に白髪染めやヘアカラーを行うことで、母乳に影響があるということを聞いたことはありませんか?
母乳への影響とは経皮毒のことを指しますが、皮膚から体内に入る化学物質の毒素のことをいいます。

特にヘアカラーや白髪染め、他にもシャンプーやリンス、ムースなどのヘアスタイリング剤なども、頭皮などから体内に侵入する毒素が懸念されています。
毎日使用するシャンプーやリンスなども、無添加にこだわったものが人気です。

そのため、白髪染めなどは、ヘナなどの植物性100%の経皮毒のないものが注目されています。

しかし、ヘナは白髪には染まりますが、黒い髪には染まりません。
そのため、ヘアカラーとして、黒髪を薄い色にしていくことはなかなか難しいのです。

この経皮毒は子宮に溜まりやすく、妊娠中は避けるようにと言われています。
ヘアカラーや白髪染めに含有しているイルジアミン系化合物によって、胎児の赤ちゃんへのアレルギーや将来のガンリスクが高まると言われているのです。

また、ヘアマニキュアは白髪染めやヘアカラーの成分より分子のサイズが大きいので、皮膚からの吸収がされにくいと言われています。

しかし授乳中の白髪染めやヘアカラーの影響は、実際のところ医学的な根拠はないと言われており、特に問題ないという見解を持っている医師も多いようですが、かといって100%安全と言い切れないとのことです。

そのため、授乳をしている時期のヘアカラーや白髪染めは慎重に考えたいものです。

産後にヘアカラーをする際の注意点

刺激によって抜け毛が悪化する可能性もある

ヘアカラーも白髪染めもとても刺激が強いことは間違いありません。

そのため、抜け毛が多いときに使用することで、抜け毛が悪化するリスクもあり得ます。

ホルモンバランスが乱れているため肌荒れには注意が必要

産後はホルモンバランスが乱れているので、肌の調子もいまひとつ。
特に吹き出物などができやすくなったり、肌荒れが起こりやすい状態です。

このようなときには特に頭皮に傷がついていることなどに気づかず、ヘアカラーや白髪染めの刺激によって思った以上のトラブルを起こしてしまうこともあるのです。

髪質が安定していないためキレイに染まるかはわからない

ホルモンバランスが安定していないと、髪の毛はハリやコシのない状態になると言われています。

また、切れやすくなったりと髪の中の栄養が充分行き届いていないなどの状態になってしまうことも。

そのため、この状態で髪に負担がかかるヘアカラーや白髪染めを行うと、染め上がりがきれいにならなかったり、普段では起こらないような髪の痛み方をする場合もあるのです。

産後に髪がまとまらずパサパサする原因と対策

2018.07.14

市販のカラーリング剤は避けて美容院で染めよう

産後の抜け毛の激しいときに、どうしても毛染めをしたい場合、自分で染めずに美容院で染めてもらうようにした方がトラブルのリスクは低くなります。

まず、美容院で染めるときには美容師が染めるため、頭皮になるべくカラーリング剤がつかないように注意してくれるので、頭皮への負担が少ない塗り方をしてくれます。

カラーなどもアルカリカラー、低アルカリカラー、中性カラーなど1液も髪の状態に合わせて選ぶことができ、2液も亜酸化水素濃度が3%、4%、5%、6%と選ぶことができる美容院もあります。

このようにできるだけ刺激の少ない染め方ができるのは、やはりセルフより美容院で行うことです。

理想は抜け毛が落ち着くまでカラーリングをしない事

もし抜け毛の悪化や、ヘアカラーや白髪染めによるトラブルが気になるのであれば、やはり抜け毛が回復してくる頃までは、ヘアカラーなどは行わないことがベストと言えるのではないでしょうか。

特に産後でなくても、体調の具合によってトラブルが起こることは希にあります。

しかし、ホルモンが不安定なときには、そのリスクは確かに高まります。
出産後は授乳など赤ちゃんにとって、ママはできるだけ薬を飲んだり寝込むことなどはできません。

そのため、危険が少しでもあることは避けるというのであれば、ホルモンが安定してくるまで、もうちょっと待ってみるのもおすすめです。

産後の抜け毛がやばい!抜け毛はいつまで続く?

2018.07.11