成分から見るベビー用洗濯洗剤おすすめ10選!安心なのはどれ?

赤ちゃんが生まれた時から始まるベビー服の洗濯。
ベビー用の洗濯洗剤もいろんなメーカーから発売されているため、選ぶのに迷ってしまうママも少なくないと思います。

ここではコスメコンシェルジュが成分から分析し、おすすめのベビー用洗濯洗剤を紹介します。

ベビー用と普通の洗濯洗剤の違いは洗剤残りがしにくいこと

子供服

ベビー用洗濯洗剤も通常の洗濯洗剤も汚れを落とすため界面活性剤が使用されているのは同じです。
ただ、その界面活性剤の種類や配合量の違い、そして衣類への洗剤残りに違いがあります。

確かにベビー用洗濯洗剤は通常の洗濯洗剤に比べて洗剤の洗い残りは少ないですが、きちんとすすぎさえ行えていれば洗剤は基本的には流れるものなので、衣類への残留を大きく心配する必要もありません。

アレルギーが無ければ無理にベビー用洗剤を使う必要はない

アレルギーを持っていないことが事前に分かっているのであれば、ベビー用洗剤を無理に使用する必要はありません。
血液検査や皮膚検査など、低月齢から行える検査もありますので、アレルギー検査を希望する際にはかかりつけの小児科で相談してみましょう。

どんな成分に反応してどんなアレルギーがあるのかはっきりと分かっていれば、該当する成分の含まれていない普通の洗たく洗剤を使用してもアレルギーを招く心配は少ないです。

乳幼児のアトピーの原因は柔軟剤の成分による刺激のせい?

2018.04.07

気を付けたい洗浄成分

ベビー服の洗濯に通常の洗濯洗剤を使用する時、気を付けておきたい成分があります。
これは敏感肌な大人の衣類を洗濯する際にも同じことが言えます。

どのような成分がどのように良くないのか、分かりやすくご紹介しますので、洗濯洗剤を選ぶ際には配合成分にも注意して見てください。

合成界面活性剤

自然界にはない、人の手によって科学的に作り出された界面活性剤で、いわゆる「合成洗剤」のことを言います。
洗浄力が天然の界面活性剤に比べて強く、肌刺激も強いとされています。

キッチン洗剤やお風呂時のシャンプーのように、すすぎができたか確認できればいいのですが、洗濯の場合、すすぎがきちんとできているかを目で見て手で触っても判断するのは難しくなります。

洗濯機ですすぎまで一通り終わったから「はい安心」と思っても、すすぎが不十分で合成界面活性剤が衣類に残ってしまったまま乾かし、それをお肌の弱い赤ちゃんに着せてしまったら…。

合成界面活性剤はお肌に触れるとバリア機能を壊してしまい、肌荒れや湿疹などの肌トラブルを招いてしまいます。

ベビー用洗濯洗剤に多く使われている純石けん分(脂肪酸ナトリウム)は天然界面活性剤なので、お肌への影響は少ないとされています。

しかし、衣類へ残りやすいのですすぎは丁寧に、心配であれば記載のすすぎ回数より1回多めに行うと安心です。

蛍光漂白剤

洗濯した衣類を白くする役割を持つのが蛍光漂白剤です。
キレイに洗濯したなら、真っ白な仕上がりになるのは理想的ですね。
そのため、通常の洗濯洗剤には蛍光漂白剤が含まれていることがよくあります。

しかし、蛍光漂白剤は汚れ落ちに関しては全く無関係で、ただ衣類を「白く見せる」という目的だけで配合されているものです。

これが赤ちゃんのお肌に何かしらの影響を与えるとの報告はないようですが、産婦人科によっては蛍光漂白剤配合の洗剤は使用しないように伝える産科もあるようです。

ベビー服の洗濯には全く必要のない成分であり、また、ベビー服は淡い色合いの物も多く蛍光漂白剤入りの洗剤で洗濯すると色落ちの可能性もあるので気を付けたい成分のひとつと言えます。

おすすめのベビー用洗濯洗剤10選

基本的にベビー用の洗濯洗剤は純石けんで作られ、赤ちゃんにとっては不要とされる成分は含まれていないことが多いです。

しかし、洗い上がりのふんわり感を出すための成分が含まれていたり、汚れたベビー服やおむつなどを手洗いするママの素肌も気遣った成分が配合されているベビー用洗濯洗剤も増えてきています。

赤ちゃんに刺激となる合成界面活性剤や蛍光剤など、何が無添加となっているのかも合わせてご紹介しているので、ベビー用洗濯洗剤選びの参考にしてください。

太陽油脂/パックスベビー洗濯せっけん

植物性油脂であるマカデミアナッツ油が原料として採用されたパックスベビー洗濯せっけんは、素肌に優しいだけではなく、ベビー服に付きやすい食べこぼし汚れもきれいに洗いふんわりやわらかく仕上げてくれます。
デリケートな赤ちゃんの肌に触れる衣類を肌に優しい成分で洗うので、敏感肌な大人の衣類の洗濯にもオススメです。
合成界面活性剤・リン酸塩・蛍光増白履剤・酵素・着色料が無添加なのも安心ポイント。
ボトルには残量が分かる窓が付いていたり、キャップには計りやすいメモリが付いていたり、何度も買い足す必要のないように大容量である点もママ思いの洗濯アイテムと言えます。

容量 1200mL
用途 綿・麻・合成繊維・毛・絹用
液性 弱アルカリ性
成分 純石けん分(35%脂肪酸カリウム)
使用目安 (全自動)水量30Lに対し50mL、水量60Lに対し100mL
(ドラム式)洗濯物量3kgに対し40mL、洗濯物量6kgに対し50mL

サラヤ/アラウベビー洗濯用せっけん

合成界面活性剤・蛍光剤・漂白剤・合成香料・着色料・保存料が無添加の植物由来のベビー用洗濯せっけんです。柔軟剤を使用しなくてもふんわりと洗えます。
優れた保湿効果が期待できるアロエエキスを配合することで、赤ちゃんの汚れてしまった衣類を手洗いするママの手肌も優しくケア。天然ハーブのラベンダー&スペアミントの香りがほのかに香るので、お洗濯するママの気分も癒してくれます。
部屋干ししても生乾きのイヤなニオイは気にならないと人気です。

容量 800mL
用途 綿・麻・ヨーレン・合成繊維用
液性 弱アルカリ性
成分 純石けん分(30%脂肪酸カリウム)、アロエエキス
使用目安 (全自動)水量30Lに対し50mL
(ドラム式)洗濯物量6kgに対し50mL
(つけおき洗い)水1Lに対し50mL

シャボン玉石けん/スノールベビー

無添加にこだわったスノールベビーは、合成界面活性剤・蛍光増白剤・香料・着色料を一切使用せず、赤ちゃんの素肌に触れることを考えて低刺激な洗濯せっけんです。
「森のバター」と呼ばれ低刺激で高い保湿力を持つアボガドオイルが配合され、手洗いに優しいだけではなく、衣類をふわっと洗えるので柔軟剤は必要ありません。
アレルギーテスト済み(皮膚アレルギーテスト・皮膚刺激テスト)なので、敏感肌な赤ちゃんや大人も安心して使えます。

容量 800mL
用途 綿・麻・合成繊維用
液性 弱アルカリ性
成分 純石けん分(25%脂肪酸カリウム)
使用目安 (全自動)水量30Lに対し60mL、水量40Lに対し80mL
(ドラム式)洗濯物量3kgに対し50mL、洗濯物量6kgに対し60mL

ピジョン/赤ちゃんの洗たく用洗剤ピュア

赤ちゃんを迎える準備であるベビー服の水通しや、新生児期のベビー服のお洗濯にも使える植物由来成分100%の液体洗剤。
洗濯残り試験・アレルギーテスト・皮膚刺激テストをクリアし、着色料・香料・漂白剤・リン酸・蛍光剤などの不要な成分は含まれていないので安全性も高いです。
新生児期にはよくありがちな、ミルク汚れやうんち汚れもキレイに洗い流してくれます。
柔軟剤を使用しなくて肌触り良く洗えますが、同じピジョンの「赤ちゃんの柔軟剤 ベビーソフター」と合わせて使用すると、よりふんわりやわらかな衣類に仕上げることができます。

容量 800mL
用途 綿・麻・合成繊維用
液性 弱アルカリ性
成分 界面活性剤(7.6%ポリオキシエチレンアルキルエーテル)、純石けん分(脂肪酸カリウム)、安定剤、pH調整剤、金属封鎖剤
使用目安 (全自動)水量30Lに対し50mL
(ドラム式)洗濯物量2kgに対し50mL
(つけおき洗い)水5Lに対し10mL

NSファーファジャパン/ベビーファーファ洗濯用複合せっけん

洗浄成分が植物由来100%でできている、クマのイラストがとても可愛らしいベビー用の複合石けん。漂白剤・蛍光剤・リン・香料・着色料・防腐剤が無添加。
クルミ由来の保湿成分が衣類のごわつきを抑えながら洗うので優しい肌触りに。天然のベルガモット精油がほのかに香るので、赤ちゃんとママのリラックス効果も期待できます。
すすぎ回数は2回で行う必要があります。

容量 800mL
用途 綿・麻・合成繊維用
液性 弱アルカリ性
成分 界面活性剤(28%)[純石けん分(22%脂肪酸カリウム)、純石けん分以外の界面活性剤(6%アルキルグリコシド)]、安定化剤、水軟化剤
使用目安 水量30Lに対し30mL

P&G/さらさ洗濯洗剤

数々の育児系雑誌やベビー用品雑誌の洗濯洗剤編で紹介されている液体洗剤「さらさ」は、蛍光剤・漂白剤・着色料が無添加。
皮膚科の医師による肌テストを実施しているので、赤ちゃんの着る衣類のお洗濯も安心です。
自然由来の洗浄補助成分である「高活性オーガニック酵素」を配合することで、繊維の奥までキレイに汚れを落としつつ真っ白に洗い上げます。
天然由来の香料によりふわっと柑橘系の香りを楽しめます。

容量 850g
用途 綿・麻・合成繊維用
液性 中性
成分 界面活性剤(24%アルキルエーテル硫酸エステル塩、純せっけん分(脂肪酸ナトリウム)、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、LAS)、安定剤、pH調整剤、水軟化剤(クエン酸)、ケア成分(コットンミルク)
使用目安 (全自動)水量30Lに対し23mL

ミヨシ石鹸/無添加ベビーの肌着洗いせっけん

こだわりの天然油脂から抽出した高品質な脂肪酸と水だけで作り上げたベビー用液体せっけんは、香料・着色料・防腐剤を無添加とし余計な物は一切配合されていないので、赤ちゃんにも家族にも安心して使えます。
ボトルとキャップが一体型となっているので、片手で計量がラクにできます。
赤ちゃんのミルクや母乳のこぼれシミ、首周りの皮脂汚れ、うんちやおしっこのおむつ汚れなどもしっかりと洗えるのに、洗浄成分が衣類に残る心配も、衣類の繊維が洗濯によってささくれ立ちする心配もありません。

容量 800mL
用途 綿・麻・合成繊維用
液性 弱アルカリ性
成分 水、純石けん分(30%脂肪酸カリウム)
使用目安 (全自動)水量30Lに対し50mL、水量45Lに対し75mL
(ドラム式)洗濯物量3kgに対し40mL、洗濯物量6kgに対し50mL
(手洗い)水5Lに対し10mL

エコベール/ゼロ ランドリーリキッド

原料として植物&ミネラル由来の成分から作られた、英国アレルギー協会認定の肌にも地球にも優しい低刺激性の液体洗剤。
英国アレルギー協会とは、アレルギーで悩む2100万人もの人たちをサポートしている英国のチャリティー団体です。
第三者機関による肌テストも実施済みなので使用するのに安心感も高いです。
デリケートな赤ちゃんのお肌に配慮し、香料・着色料・酵素・蛍光増白剤を無配合としています。
植物のチカラで衣類の汚れを落とすのでとにかく優しい仕上がりの洗たく洗剤です。

容量 1500ml
用途 綿・麻・合成繊維用
液性 弱アルカリ性
成分 界面活性剤(23%ポリオキシエチレンアルキルエーテル、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、アルキルグリコシド、純石けん分(脂肪酸カリウム))、pH調整剤、溶剤、キレート剤
使用目安 水量30Lに対し30mL

ネオナチュラル/ネオベビー善玉菌酵素洗濯洗剤

合成洗剤でもなく洗濯石けんでもない「第3のエコ洗剤」としてネオナチュラルより発売されているネオベビーの粉末タイプの洗濯洗剤。
合成界面活性剤には頼らず、善玉菌酵素の力で衣類の汚れを吸着して落とします。衣類の汚れだけではなく、洗濯することで洗濯槽の汚れまでキレイに落としてくれるのはママにも嬉しいポイントです。
使用量も少量でよく、すすぎも1回でOK、柔軟剤も不要なのでお財布にも優しい洗剤です。

容量 1.2kg
用途 綿・麻・合成繊維用
液性 弱アルカリ性
成分 アルカリ剤(炭酸ナトリウム)、水軟化剤(クエン酸ナトリウム)、分散剤(硫酸ナトリウム)、再汚染防止剤(カルボキシメチルセルロース)、酵素、植物由来脂肪酸、善玉発酵菌由来酵素、香料(ラベンダー、ローマンカモミール、ボリジ)
使用目安 洗濯物量2kgまでに対し10~15g、洗濯物量2~4kgに対し15~20g、洗濯物量4~6kgに対し20~30g、つけおき洗濯 水5Lに対し15g

ドルチボーレ/ナチュラルウォッシュ

1本で4役もこなしてしまう万能洗剤としてドルチボーレより発売されているナチュラルウィッシュは、ベビー服の洗たく洗剤として、キッチンの食器洗い洗剤として、お風呂やキッチンのお掃除洗剤として、野菜や果物の汚れ落としとして、生活のいろいろなシーンで使える天然由来成分100%の洗剤です。
お肌の負担になるとされる蛍光剤・漂白剤・着色料・合成香料が無添加なので、赤ちゃんの素肌に触れる衣類も優しく洗えます。
厳選された成分を配合しているため、価格も他の洗たく洗剤に比べて割高ですが、濃縮タイプの洗剤なので、洗濯のみに使用する場合、水30Lに対して9mLの使用だと55回(1日あたり69円)の使用なので実は経済的です。

容量 500ml
用途 綿・麻・合成繊維・浴槽・窓用・野菜・果物・食器・調理器具用
液性 中性
成分 界面活性剤(37%、アルキルグルコシド、ラウリルジメチルアミンオキシド液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド)、ケイ酸Na、クエン酸、マンダリンオレンジ果皮油
使用目安 (洗濯用)水30Lに対し9mL
(食器用)本品20倍に薄めた液を適量
(住宅用)本品10倍に薄めた液を適量
(野菜・果物用)水1Lに対し本品を20倍に薄めた液4mL

洗浄力よりも肌へのやさしさを重視しよう

洗たく洗剤を選ぶ際に1番に重視しなければいけないのは、洗浄力よりも「やさしさ」です。

どんなに洗浄力に優れた洗剤でも、赤ちゃんの衣類に洗剤が残ってしまうと肌トラブルの原因となってしまいます。
大人に比べて皮膚の厚さが半分しかない赤ちゃんは、肌のバリア機能も未熟なのでちょっとの刺激でトラブルを起こしやすいのです。

赤ちゃん用の洗たく洗剤は通常の洗たく洗剤と違って、洗浄剤となる純石けん成分以外の余計な成分はほとんど含まれていない物がほとんどです。

特に敏感肌な赤ちゃんであれば、パッケージ裏の成分表示も確認し、肌の刺激になるような余計な成分が入っていないか確認するようにしてください。

また、赤ちゃんの衣類の洗たくではすすぎの回数がとても大切です。

使用方法に記載のすすぎ回数を守り、それでも心配な時にはすすぎを表示回数の+1回増やすとより洗剤の洗い残しを防ぐことができます。