オーガニックコットンで赤ちゃんのスキンケアにオススメのアイテム

オーガニックコットンのタオル

赤ちゃんには気持ちが良く、安全でナチュラルなものを使いたいと思っているママも多いかと思います。

そんな中、オーガニックコットンは安全性も高く、スキンケア効果もあると聞いたことがあるママも多いのではないでしょうか。

そこで、オーガニックコットンのメリットや、オーガニックコットンを使用したアイテムについて解説していきましょう。

オーガニックコットンとは

オーガニックコットンとは、有機栽培によって栽培された綿花のことを言います。
わたしたちの身の回りにあるコットンと言われているものは、もともと綿の原料となる綿花、いわゆるコットンから出来ています。

そんな中でも有機栽培のオーガニックコットンが、今世界中でとても注目されています。
オーガニックコットンには厳しい基準が設けられており、化学物質系の肥料を3年以上使用していない畑で栽培されていることが条件となります。

また、落葉剤を使用した栽培方法から有機栽培にチェンジした場合でも、3年間過ぎなければオーガニック審査には通らないのです。

このような厳しい条件にクリアした畑で栽培されたコットンは、化学物質の影響を受けることなく、安全性の高いオーガニックコットンと認められます。
だからこそ赤ちゃんに是非使ってあげたい素材なのです。

オーガニックコットンを使って肌トラブルの予防

オーガニックコットンは栽培する段階で化学物質の影響を受けないこと。
そしていわゆるコットンのガーゼやコットン布、綿などに仕立て上げるときにも、化学処理をしないため、とても肌に優しいのです。

化学処理をすることで肌の弱い人や赤ちゃんにとって、肌トラブルの原因になることもあります。
そのため、オーガニックコットンは肌トラブルの予防にも役立つのです。

ちなみにオーガニックコットンは生成り色が主体ですが、色染めしてあるものも化学処理したものではなく天然由来の染色をしたものなので、優しいナチュラルな色合いとなっています。

赤ちゃんにオススメのオーガニックコットンアイテム

ガーゼやバスタオル類

お風呂に入っているときや上がったときは赤ちゃんの肌は柔らかくなっており、毛穴も開いています。

お風呂のときに使用するガーゼやバスタオルなどは、そのような状態の肌に密着するものであり、刺激に弱い赤ちゃんはすぐに影響が出てしまいます。

また、赤ちゃんの肌に影響が出なくても、肌細胞の中に化学物質が吸収されている可能性もあり、できるだけお風呂関係にはオーガニックコットンがおすすめです。

肌着やベビー服

赤ちゃんの肌着

赤ちゃんの肌着やベビー服は直に肌に付くものであり、できればオーガニックコットンがおすすめです。
特に赤ちゃんの肌着や服はコットンを使用しますが、やはり肌に付いているものはできるだけ質の高いもの、安全性の高いコットンを使用したいものです。

赤ちゃんはベビー服を舐めたり吸ったりすることもあるので、やはり安全に作られたオーガニックコットンがおすすめです。

スタイ

スタイは顎と首に密着するものです。
特にこの部分は、よだれなどで肌がいつも湿っぽく敏感になっています。
その上、スタイで擦れる部分でもあるので、首や顎は肌荒れやよだれかぶれを起こしやすいと言われています。

そのため、スタイこそオーガニックコットンでできたものを使用したいものです。

一般コットンを使用したスタイにはいろいろ原色を使用した可愛いものもありますが、やはり肌のことを考えるとスタイはオーガニックコットンがおすすめです。

よだれかぶれの予防や改善にはベビーローションで保湿する

2018.04.06

布団

もちろん布団もオーガニックコットン製のものがベストと言えるでしょう。
布団の場合は綿も回りの布もオーガニックコットンを使用したものとなり、またオーガニックコットン100%の毛布や布団カバーなどもあります。

布団はちょっと価格面から難しい場合でも、毛布やカバーなら揃えることが出来そうです。

また、枕などもオーガニックコットン100%のベビー用の枕もありますが、枕の代わりにバスタオルでも枕の代用になります。

おむつ

おむつ交換

現在は紙おむつが主流となっていますが、徹底的にオーガニックにこだわっている人はオーガニックコットンのおむつや、おむつカバーも購入できます。

本来お尻はムレるところであり、おむつは肌に密着するものなので、是非オーガニックコットンを使用したいところですが、なかなかここまで徹底しにくいことも現実です。

ぬいぐるみ

ぬいぐるみは、赤ちゃんにとって大切なもので、顔や手にいつも接触するものです。

赤ちゃんはぬいぐるみをつい吸ってしまうこともあるので、是非安全性の高いオーガニックコットンのぬいぐるみがおすすめです。

洗濯方法には注意しよう

オーガニックコットンは洗濯法によって、風合いが悪くなったり傷みやすくなります。
またせっかく商品になるまですべてオーガニックなのに、化学物質の洗剤で洗ってしまっては残念なことになってしまいます。

そのため、オーガニックコットンに合った洗剤や洗い方で洗濯をしたいものです。

オーガニックコットンの製品を長持ちさせる洗濯方法

2018.06.07

オーガニックコットン製品は価格も高め

確かに農薬を使用した栽培のコットンを、化学薬品により処理して大量生産によって作られたコットン製品にくらべて、オーガニックコットンはずっと手間がかかっているため、やはり価格的にも少し高めになっています。

また、激安バーゲンなどもなかなかないので、全体的には価格は一般タオルより高くなります。