脂漏性湿疹による新生児ニキビ!跡が残らないようにするには?

湿疹がある赤ちゃん

赤ちゃんにできるニキビのような湿疹を乳児脂漏性湿疹といいます。

また、思春期のようなニキビができてしまうため、ママにとっては
「ニキビ跡が残ったりしないの?」
と心配になってしまう方も多いです。

ここでは乳児脂漏性湿疹の原因や、できてしまった後のケアなどを解説していきます。

乳児脂漏性湿疹とは?

脂漏性湿疹が起こる原因

引用元:Yahoo!知恵袋

特に生後2週間~3ヶ月ぐらいまでの期間は、多くの赤ちゃんが脂漏性湿疹を発症します。
ママの体内にいるときに、ママからもらったホルモンに影響されて皮脂の分泌が増えてしまうというものです。

そのため、皮脂が小さな毛穴に溜まりやすくなるので、皮膜や角質層が未熟であり、肌を守る力が低いです。
その影響によって常在菌が老廃物とともに毛穴に詰まってしまい吹き出物やニキビができます。

脂漏性湿疹が出る部位

脂漏性湿疹が出る部位としては個人差があります、顔・頭・耳の後ろにできることが多いです。

例えば、あせもなどは首・背中・ワキの下にできやすく、かぶれはやはりオムツが当たっている部分に出やすいなどありますが、それに比べて脂漏性湿疹は顔周りにできることが多いと言えそうです。

新生児ニキビ跡は消える可能性が高い

新生児ニキビはせいぜい3ヶ月程度で起こらなくなります。
これはお母さんからのホルモンの影響を受けなくなるからです。

そのため、基本的にニキビ跡の心配はあまりありません。
赤ちゃんの時は人生の中で代謝が非常に高い時期であるため、肌に跡が残る心配はいらないのです。

ただし、脂漏性湿疹は繰り返し発症する可能性があるため、十分注意しておきましょう。

早く治すための自宅でのケア方法

顔や体を低刺激のベビーソープでやさしく洗う

脂漏性湿疹は、ホルモンの影響で皮脂分泌が多くなっているので、皮脂が毛穴に溜まらないようにケアしてあげることが大切です。

そのため、顔や体、頭などを毎日沐浴などで清潔に洗うことが大切。
とはいっても赤ちゃんの肌を刺激すると、より皮脂が増えてしまったり、アレルギーを引き起こすようなことにもなってしまうので、ベビーソープはできるだけ無添加の低刺激なものを選びます。

そして1日1回、沐浴をして毛穴に溜まらないようにしましょう。

お風呂上りは5分以内に保湿する

スキンケアをする赤ちゃん

また沐浴、お風呂上がりは毛穴も開いており、皮膚細胞内の水分もどんどん蒸発していきます。
特にお風呂から上がると秒単位でどんどん蒸発すると考えましょう。

ただでさえ肌を守るだけの機能を発揮できない未熟な皮膜、角質層を持っている赤ちゃんは、保湿がとても重要です。

そこで沐浴やお風呂から出たら、5分以内には保湿ケアをしてあげることが大切です。
そのためタオルでサッと水分を拭いたら、手早くベビーオイルやクリームなどを付けてあげてください。

乳幼児のフケや乾燥が酷い場合はベビーローションで保湿できる

2018.03.30

赤ちゃんはお風呂上りの5分以内が保湿をするゴールデンタイム

2018.03.16

赤みや炎症がある場合は薬を塗る

薬

脂漏性湿疹やニキビができると、赤みや炎症が起こることもあります。
そんなときには、あまりひどくならないように薬を塗るようにしましょう。

もちろん赤ちゃん用の炎症止めの薬なので、ドラッグストアの薬剤師さんに相談したり、皮膚科の医師に相談して処方してもらうようにしてください。

ステロイド外用薬をどれくらいの期間使用すれば乳児湿疹は治る?

2018.04.10

寝具はこまめに洗濯する

菌だらけの赤ちゃんの布団

脂漏性湿疹やニキビは、毛穴に皮脂や老廃物などが溜まってしまうことが原因ですが、常在菌などがそこに介入し、毛穴の中はそれらの細菌が異常繁殖するための温床となります。

そのため体をきれいにすることはもちろんですが、体といつも接している寝具もこまめに洗濯することが大切です。

特に新生児は寝返りを打つことも、首を動かすこともできません。
そのため、汗が背中などにもぐっしょり溜まってしまいます。

もちろん頭からも汗をたくさんかくため、枕や敷き布団も汗などの老廃物でいっぱいです。

敷き布団などの布団は洗濯がなかなかできないので、日干しや乾燥機を使用してこまめに乾燥するようにしましょう。

また、パットやシーツ、枕はいつも洗濯をして、きれいなものを使用することも大切です。
同時に部屋の温度や湿度のコントロールも心掛けるようにしましょう。

洗剤成分が強い場合も肌トラブルを引き起こしてしまうため、注意が必要です。

赤ちゃんのアトピーや敏感肌でも使える洗濯洗剤オススメ10選

2018.04.17

汗の処理をしっかりしてあげる

タオルで拭かれる赤ちゃん

寝ているときはもちろん、起きているときや昼間なども汗の処理をしてあげることも大切です。

強く擦らないように、柔らかいガーゼなどで汗の多い部分を優しく吸い取ってあげることも必要です。

額・頭・首・背中・ワキの下・足の付け根など汗の溜まりやすいところは、汗を拭いてあげるようにしましょう。

病院を受診するタイミング

毎日スキンケアをしていても発症した

発症したらまずは毎日清潔と保湿をしてスキンケアをしてあげてください。
しかし、毎日しっかりスキンケアをしていても、治らない場合は受診するタイミングです。

また、ベビーソープなどの成分に刺激物が含まれている場合もあります。
今使っているベビーソープの成分をチェックし、添加物や合成界面活性剤などが使われている場合はすぐに使用を中止して、無添加の質の高いものを使用するようにしましょう。

湿疹が熱を持っていたり臭いがある場合

脂漏性湿疹による新生児ニキビと思っていても、もし湿疹部分に熱を持っていたり、臭いがあるといった場合もあります。
その場合もスキンケアだけでは治らない可能性が高いため、皮膚科で診てもらってください。

清潔と保湿を心掛けて新生児ニキビを予防することが大切

新生児ニキビ、脂漏性湿疹など何かと赤ちゃんの肌トラブル続きです。

とにかくこれらの症状をなるべく予防し、もし出来てしまっても軽度で済ませるためにも清潔と保湿は重要です。

そのためにも毎日の沐浴やお風呂と保湿ケアを忘れないように行い、特に保湿剤によるベールで細菌から肌を守るようにしましょう。

口コミで人気のベビーローションおすすめ7選!顔や頭皮にも使える!

2018.07.25